オカメインコ日記と良かった物を紹介するブログ

6/4ご報告

オカメインコ

最近、気温差が激しいですね…(;^_^A

おかげで我が家のマシュマロさん(男の子)の鳴管炎は治りかけてはぶり返すを繰り返していて、なかなか完治してくれません(;^_^A

 

マシュマロさんは他のオカメインコさんよりも気管支系が弱いので仕方ない事とはいえ、いつになったら完治できるのか…

薬は体に負担があまりないのを処方してもらっているとはいえ、半年以上も飲み続けている現状に飼い主は心配だったりします(´・ω・`)

オカメインコ

 

でも、逆に言うと、薬のおかげでマシュマロさんとの生活は成り立ってくれているのかもしれませんよね…(´・ω・`)

2羽目のシロさんは飼い主が手術で入院中に鳴管炎になってしまい、飼い主が鳴管炎を知らなかったが故に退院して1週間もたたずにして旅立ってしまいました。

進行も早ければ、命を落とす子が多い病気なのに、半年以上もマシュマロさんとの日常が送れるのは薬のおかげなのかもしれないですね。

もし、薬を飲み続けていなかったら…と思うと、薬を飲み続けてくれるマシュマロさんに感謝しないと、です。

 

すっかりプラケースは病院へ連れてかれる!と覚えてしまったので、今回も鏡を使ってもなかなかプラケースに入ってもらえず、かなり苦労しました( ̄▽ ̄;)

でも、無事に入ってしまえばこっちのもん(笑)( ´艸`)

で、診察室では天敵「獣医さん」に「ハッ!ハッ!」と威嚇しまくり、いつものように獣医さんに激怒りしているので鳴管炎の割には元気が有り余っています(笑)( ̄▽ ̄;)

覗き込むオカメインコ

移動中は下に敷いてあったシートがズレようもんならシートの隙間からチラチラ揺れる光をガン見してました(笑)( ´艸`)

車も余裕が出てきたみたいですね、時々、何か言いたげな顔をして飼い主を見上げてました(*´ω`*)

 

気温差が落ち着いたら…

今度こそは闘病生活も終われるのかな?

マシュマロさん、早く完治できるといいよね(*´ω`*)