オカメインコ日記と良かった物を紹介するブログ

9/8ご報告

病院へ行くオカメインコ

今日はマシュマロさん(男の子)の病院の日だったんだけど、またマシュマロさんの声が枯れ始めてきて…。

鳴管炎の菌がなくて声枯れがあるって事は、長引く病気で慢性化しちゃってる可能性があるかもしれない、とX線検査をする事に。

 

X線の結果、先生の言うように慢性化しちゃってるとの事(;^_^A

元々、他のオカメインコさんよりも気管支系が弱い子だし、かれこれ1年近くも薬を飲んでる状態なので覚悟はしていたけど、改めて聞くと「やっぱり、生きてる間は病気と付き合っていかなきゃいけないんだなぁ…」と。

 

でもって、「慢性化しちゃうと何度も鳴管炎や肺炎を発症するリスクも高くなる」という先生の説明を聞いて、帰り道、ちょっと考えてしまいました(;^_^A

 

あ!だからってマシュマロさんをお迎えした事に後悔はないです(*´ω`*)

確かに生きている間は一生付き合っていかなきゃいけないし、鳴管炎を発症する度に悪化したら死が付きまとうから不安も一生ついてまわるから他のオカメインコさんより短命かもしれない…。

でも、私はマシュマロさんで良かった!て思います(*´ω`*)

 

体や足が悪いのも含め、それも個性。

これからも一緒に過ごしていこうと思います(*´ω`*)