オカメインコ日記と良かった物を紹介するブログ

5月1日ご報告

病院でのオカメインコ

鳴管炎の治療中のマシュマロさん(男の子)を病院へ連れて行くべく、捕獲作戦に3日も掛かってしまいましたが…( ̄▽ ̄;)

やっとこせ、本日、病院へ連れていく事ができました!(≧▽≦)

前回、新しい薬に変えての投薬1か月。

薬による副反応も無く、検査結果はウイルスも消滅してるとの事♪(*´ω`*)

喉の粘膜はまだ荒れてる状態&免疫力がまだ落ちてる状態なので、風邪などのウイルスにまだまだ注意して欲しい、との事で、もう1か月お薬を服用して回復を待つ事になりました♪(*´ω`*)

喉の粘膜に関しては再生の兆候も見られてるとの事で、このまま風邪とか引かなければ完治できるらしいのですが、まだまだ気温差が激しいので、あと1か月ほど、マシュマロさんの体調には気をつけて過ごしていきたい、て思っています(*´ω`*)

オカメインコ

マシュマロさんは…というと、

病院へ行く回数が増えていくにつれ、獣医さんが攻撃してこないのが分かったみたいで、オレ様インコ振りを発揮して獣医さんに激怒りしてました(;^_^A

マシュマロさんが怒りながら叫んでる間、獣医さんは「ごめんね、怖いけど頑張ろうね」て声掛けをしてくれてたんだけど、飼い主が見ている限り、怖がって鳴いてる…というより「てめえ!何しやがるんだ!!離せ!」という感じでマジギレ状態でした…( ̄▽ ̄;)

ヒマワリの種をほおばるオカメインコ

で、もう大丈夫だ、て分かる帰りの車の中では、行きは見向きもしなかったヒマワリの種にちゃっかり気が付いて、「モグモグ」ほうばってご満悦そうな顔をしていました(笑)( ̄▽ ̄;)

そのご機嫌さを診察にも少しは出してくれると飼い主はありがたいんですけどね…(笑)( ̄▽ ̄;)

何はともあれ、昨年秋から通い続けている病院も回復の光が差し込んできたみたいなのでご報告です♪(*´ω`*)

獣医さんから聞いたのですが、冬~春は鳴管炎や風邪から肺炎になって亡くなるオカメインコさんが多いみたいで、先日も旅立ってしまった子がいるそうです。

まだまだ季節の変わり目で体調を崩しやすい季節なので、皆さんもオカメインコさんもインコさん達もお身体には気をつけてお過ごしくださいねm(_ _)m